2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
臨時休業(商品発送、問合せ共にお休み致します)
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
会社紹介
 

日本は自転車大国です

保有台数は8655万台で、人口1.5人あたり1台。これはオランダ(同0.9人)、ドイツ(同1.2人)、に次ぐ水準であり、アメリカ、中国、 イギリス、フランス、イタリアといった国々を上回ります。西欧諸国が自動車やバスと同等の車両という認識であるのに対し、 車優先社会がつくられた我が国では、自転車は歩道を走るものと認知されてしまっています。 「ゆっくり」と「すぐそこ」まで「どこでも」置けるものとして。このため、安定する「太い」タイヤやどこでも停められる 「重厚な」スタンド、止まったまま両足が地面につく「低い」サドルという独特な仕様の自転車が普及し、自転車の持つ「走る」能力が無視されてきました。

自転車の能力・可能性

健全な成人が「走る」性能の高い自転車を使用すれば、10km〜20kmなら電車通勤時間と時間的には大きく変わらない場合も多く、 サイクリングやサイクルスポーツとしてならば100km超走ることも難しくありません。また、自転車はCO2を排出しない移動手段です。 原発事故の影響で、国内ではCO2削減の議論が聞こえてきませんが、CO2排出を抑制させなければ21世紀後半には、世界では顕著な気温上昇や海面上昇が現れます。 自転車をより身近にすることで、地球温暖化にも貢献します。

自転車インフラの整備にむけて

日本の自転車インフラの状況は、歩道上の自転車レーンや歩道の脇の自転車通行帯が整備されてきました。 やっと昨今、「自転車は車道の左側」いうことが、一部行政やメディアで取り上げられるようになりました。これからは「走る」性能の低い自転車向けの環境整備ではなく、自転車の高い性能を社会に活かせるような「走る」自転車に対応した環境整備が必要です。CycleLockerは自転車の車道走行を認知させ、自動車の走行空間の中に自転車の「地位」を確立する環境整備に取り組みます。

さらに重要と考えるのは駐輪保管スペースの確保です。 「走る」自転車は高価であり、大切な道具です。職場などの目的地にセキュリティの確保された駐輪場が必要であり、 自宅側にもガレージや家の中に自転車を収納する装置が必要です。これらは「ママチャリ」には不要なインフラでしたが、CycleLockerは「走る」 自転車のために、これらの駐輪インフラ商品を提供して参ります。そして、サイクリストがリスペクトされるマインドの形成のために尽くして行きたいと考えます。
CycleLockerは自転車の車道走行を認知させ、自動車の走行空間の中に自転車の「地位」を確立する環境整備に取り組みます。

沿革

2010 5月 パブリックマネジメント株式会社設立
9月 サイクルロッカー発売
11月 クランクストッパー機構特許出願
国内最大の自転車見本市「サイクルモードインターナショナル」に初出展
2011 5月 クランクストッパースタンドCS-100発売
8月 クランクストッパースタンドが日経デザイン「スマートデザイン100選」に選定される。
クランクストッパースタンドCS-101発売
2012 1月 クランクストッパー機構の特許取得(特許第4896258号)
7月 サイクルロッカー15台を豊島区の商業施設に納品
8月 クランクストッパースタンドCS-102発売。塗装などの仕様グレードアップ
2013 6月 サイクルロッカー10台を福岡市のレンタルボックスに納品
2014 1月 「(株)サイクルロッカー」に社名変更
2月 WEBサイトリニューアル
新商品CS-600を発売
3月 クランクストッパースタンドCS-103発売。クランクストッパーの長さを調整
2015 3月 クランクストッパースタンドCS-650発売

会社概要

社名 株式会社サイクルロッカー
設立 2010年5月
資本金 5,000,000円
所在地 〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色1887-6 主な事業内容 駐輪装置の開発・製造・販売